2008年06月16日

梅の完熟度

地域によっては違いもあるでしょうが、あと数週間で、梅がほぼ熟するのではないでしょうか・・。

梅酒などに利用する場合は、「青梅」の状態で採取し、出荷をしますが、本来梅干しに利用する場合は、黄色くなった完熟梅の方が、美味しく出来上がるような気がします。

あと前にも書いたように「梅ジャム」ですね・・。

これも、完熟梅の方が、美味しい・・。

身が完全に熟せずに、摘み取りいろいろと加工して使うのは、梅ぐらいじゃないでしょうか・・・。

他の果実は、ほとんどが完熟したものの方が、良い評価を得ています。

例外としては、「キウイフルーツ」は完熟前ですね。

でも、これは外来種であり、日本古来からの果実としては、梅が唯一だと思います。

外来種といえば、梅も本来は、8世紀頃に中国から伝わったものであり、日本固有の植物ではありません。

ただその食べ方や、利用の仕方は、独自に発展を遂げたようで、梅本来が持つ効能(クエン酸を豊富に含む)を有効に利用してきた歴史は、自慢してよいと思っています。
posted by すーい at 21:26| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月04日

梅雨入り

ちょっとしたお店には、摘み立ての青い梅が、並ぶようになりましたね。

でも値段を見ると、1kgほどで800円〜1000円!と結構な値段になっています。

まあ梅の種類にもよりますし、等級や粒の大きさ、傷の有無など価格を決める要素は沢山あります。

出来れば傷の少ない、中ぐらいのものを手に入れたいですね。

最初から、沢山購入して、持て余すよりも、少な目の量で、じっくり漬けた方が、成功する確率も高くなると思います。

そうそう、シソも美味しい梅干しをつける上で、大変重要です。

新鮮なものを選びましょう。

家庭菜園のある方なら、簡単に栽培できますし、ちょっとしたプランターでも、育てる事は可能です。

是非挑戦してみてください。



毛髪再生の軌跡
posted by すーい at 16:30| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月12日

寒の戻り?

ここ数日は、涼しさ・・・・と言うより寒さがぶり返していますね。

これだけ低い気温が続くと、作物の生育が心配になります。

冷害が出るような気温でない事が唯一の救いですが、一日だけならともかく、数日間続くとなれば、何らかの影響は出るでしょう。

しかも結構風が、強めに吹いています。

結実が近くなっている梅としては、風の影響は最も心配です。

例え実が落ちなくても、枝などに擦れて、傷がつけば、そこから最近が入り込んで、ダメになってしまう場合がありますし、実自体の生育にも良くありません。

何とか良い天気になって欲しいものですね。


発毛治療
posted by すーい at 16:30| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月06日

受粉

梅の花の時期も、とうに終わり、緑の葉が眩しく光っています。

無事に受粉を終えた木々は、少しずつ大きくなり始めています。

そろそろ様々な虫たちが、動き始める時期ですが、農家の方々も農薬散布の時期を見計らっているようです。

まだ気温が低い為に、それほどでもありませんが、あと数週間も経てば、状況は変わってくると思います。

天候もそれほど悪くはないし、出来もまずまずとの事・・・・。

あと数ヶ月で、収穫の時期を迎えます。


頭髪再生
posted by すーい at 22:38| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月19日

梅の木2

紅梅の花が咲いて、花粉の交配をします。

そしてしばらく経つと大きくなり始める前の実をねらって
野鳥や虫たちが、活発に動き始めます。

そのままにしておいては、せっかくの梅も実を結びませんので
農家の方は、それなりの対策を講じます。

まあ代表的なものが、「農薬の散布」ですね。

現段階におけるもっとも現実的な対処方法です。


完全無農薬というのは、幻想とまでは言いませんが、
ほとんどそれに近いものです。

少なくとも市販されている農作物で、完全無農薬とされているものは
皆無といっても良いでしょう。

残念ですが・・・・。




育毛治療
posted by すーい at 16:06| Comment(20) | TrackBack(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月17日

梅の木

最近、急に暖かさが増してきたので、あちらこちらで梅の開花が、見られるようになりました。

桜と共に梅の開花というのは、典型的な春の訪れを告げる風物詩ですね。

ただし桜の場合は、ほとんどが花だけでその役目を終えますが、
梅の場合は、梅の実を付けるという大切な結果に至る一つの過程でしかありません。

この時期に、綺麗な花を咲かせて、その間にミツバチなり人工交配なりをして、
しっかりと受粉をさせ、来るべき結実に向けてその時を待っているのです。



発毛治療
posted by すーい at 15:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月15日

梅ジャム

最近徐々に浸透してきたものに、「梅ジャム」があります。

「そんなの前からあるよ」って言われる方もいらっしゃるでしょうが、
全国区になったのは、コンビニなどで売り始めたからですね。

梅の産地の方には、御馴染みかもしれませんが、梅と言えば梅干と梅酒ぐらいしか思い浮かばない地域の人間も結構いるのです。

この梅ジャムにも、いろいろ種類がありまして、それこそ産地指定の無添加100%もあれば、どこで作っているかもわからないようなものもあります。

使い方も、オーソドックスにパンにつける、は当たり前で、湯にといて飲む、煮込みの料理に使う、はたまたご飯に垂らして食べるなんているのもあるそうです。

一つの食材をいろいろ使い分けるのは、日本人お得意なのかもしれませんね。


発毛
posted by すーい at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月13日

脇役

梅干の脇役と言えば、(全然脇ではないのですが・・・!)
やはり「シソ」!

梅干の紅は、シソの紅です!

そしてあのさわやかな酸味を香りを出してくれるものシソの役目なのです。

梅は、気になりますのでそれなりの土地が必要ですが、シソはちょっとした家庭菜園程度の広さでも、十分に育ちます。

梅干に使うだけではなく、刻んで刺身のツマにしたり、乾燥させて
「ゆかり」なんていうふりかけにしたり!
(シソのふりかけ、ホント美味しいですよね!)

日本の伝統食って、素晴らしい!
よだれが・・・。


育毛
posted by すーい at 02:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月12日

小梅

「小梅」といっても小梅太夫ではありません。

小さな梅の事。

最近は紀州産の大きな梅が、市場を席巻していますが、
あのような大型の梅に注目が集まったのは、最近のことです。

駅弁などでおなじみの幕の内弁当や、コンビニのおむすびには
昔ながらの小さな梅が使われてきたのです。

各家庭で、漬けられていた梅干も、実はこの小梅の方が
多いのではないでしょうか。

このあたりもそれぞれの好みがありますから、なんともいえませんが
小梅には小梅の素朴な味わいがあると思っています。



発毛
posted by すーい at 16:18| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月11日

梅の花が・・・・・。

日一日と寒さが和らぎ、少しずつですが春めいた時間が多くなってきました。

静岡県の東部地区にある河津桜は、先週ほぼ満開だったそうです。

河津桜のあとには、そろそろ梅の花の時期になってきます。


この梅の花がしっかりと咲いてくれないと、十分に中身の詰まった
梅の実がなってくれません。

美味しい梅干が出来るかどうかは、これからの梅の花の時期に
かかってくると思うのです。

天候だけが頼りです。



発毛治療
posted by すーい at 02:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。